引越しのトラックを小さいサイズにすれば金額は安くなります

当たり前かもしれませんが、大きなトラックを使用するほど料金は高くなってしまいます。2tトラックよりも、4tトラックの方が同じ距離を走らせた場合は金額が高くなります。

因みに2t とは2トンのことで、4t未満の重量の荷物を運べるものを指しています。通常2人暮らし程度の荷物であれば、2tトラックに収まる程度となっているのですが、部屋の大きさなどによっても変わりますので、正確な情報が知りたい人は見積りを取ってみるしかないです。

少しでもいらないものを断捨離しておくことで、料金を安くすることができますからまずはいらないものをどんどんと処分しておくのがいいでしょう。少なくとも引越し見積りをする段階で、何が必要なのか?ということを整理しておくことをオススメします。そうすることで、正確な見積り金額を算出してもらうこともできますからね。

単身引越しなら単身パックの引越しで済めば金額は安くなる

単身引越しであれば、引越し会社各社が単身パックというプランを用意していることが多いです。サカイ引越センターなどは、せつやくコースという名称で大型家具だけを運ぶプランなどが用意されているので、小さいものだけを自分たちで運搬するようにすればかなりの低料金で引越しすることができます。引越しで一番の問題なのは冷蔵庫や洗濯機、ベッドなどの重量物ですから、料金を少しでも抑えたい人はこちらを利用するのがいいでしょう。

運動会社最大手のヤマト運輸では、単身引越しサービスも用意されています。コンテナに収まるサイズで、かつ同一市区内であれば1万円台という低価格での引越しが可能です。単身だけど住み替えを考えている人などはこちらのプランを利用するだけで手軽に引越しをできるので一度検討してみることをオススメします。

関連記事